◆宮本慎也が2000本安打を打った日

この日、雨の中息子と一緒に神宮球場に行きました。

私と4歳の息子は東京ヤクルトスワローズのファンです。

雨の中、かっぱを着て、得点が入った時に振る傘をさしながら、宮本慎也の第一打席を見ていました。

彼は見事に綺麗なセンター前ヒットを打ち、彼の偉業を成し遂げました。

彼が40歳を過ぎても、若手に負けない大活躍をしてくれていることに励まされているアラフォー以上の人は少なくないと思います。

もちろん私もその一人です。

彼の守備の技術も素晴らしく、数々のファインプレーを魅せてくれます。

そして、犠打の数もかなり多く、「フォア・ザ・チーム」の精神でやってきた中での2000本安打です。

この日、これを見ただけでも雨の中神宮球場に行った価値があったなぁと思いました。

しかも、他の選手達もその偉業に花を添えるかのように、たくさんヒットを打ち、ホームランもあり、たくさん私達は青や緑の傘を振り、東京音頭を歌いました。

東京ヤクルトスワローズの雰囲気、神宮球場の雰囲気はとても家庭的で、そんなところが私は大好きです。

マスコットのつば九郎も、しばしばニュースになってしまうほど楽しいパフォーマンスを見せてくれます。

若手もベテランも助っ人外国人もほどよく揃っていて、皆を引っ張る宮本慎也がいる、このチームを応援していくのはとても楽しいです。